ゴルフ練習場では打てるのにコースで打てない人に共通する4つの原因

ブログ

うまくいかない男性

ゴルフ練習場ではしっかり打てるのに、コースに出ると練習のように打つことができないという人は少なくありません。どうして練習のどおりにコースで打つことができなくなってしまうのでしょうか。

今回は練習ではできるのにゴルフコースで上手に打つことができない人に共通している4つの原因を紹介します。原因を把握して、コースで練習の成果が活かせるようになりましょう。

ゴルフコースで上手く打てない人に共通する4つの原因

原因 1. フルスイングの練習ばかりしている

ゴルフ練習場にとってフィールドの広さは違いますが、とくに初心者のうちは「どれだけ飛ばせるか」に意識を置いてしまう人が多数です。フルスイングで距離を出す練習ももちろん大切なのですが、実際のコースに出ると力任せにボールを打つことはほとんどありません。日頃の練習で力任せにボールを打つことばかりをしていると、コースに出たときに思ったような距離でボールを飛ばすことができないのです。

原因 2. 状況別の練習ができていない

練習場は平坦な場所で打つことになりますが、ゴルフコースはさまざまな傾斜があります。練習場でできる練習には限界がありますが、それを理解していないと「フラットなマットの上ではうまく打てるのにコースではうまく打てない」という事態に陥ってしまうのです。ゴルフコースではショットごとに状況が変わるということを頭に入れておきましょう。

原因 3. 連続で打っている

練習場では持ち球がある限り、自分のペースで打ち続けることができます。たくさんの数を打つことも大切なのですが、実際コースに出たときは練習場で打つほどのスピードで打つことはありません。たくさん打てる状況と間隔をあけて一球ずつしか打てない状況では、一球を打つ際に感じるプレッシャーも異なります。

原因 4. 失敗してもとくに気にしていない

練習場でたくさんのボールを打っていると、うまくインパクトできたときもあればうまくいかなかったときもあるはずです。うまく行ったときの感覚を身につけることは大切ですが、うまくいかなかったときに「どうしてそうなってしまったのか」を考えずに打っているといつまで経っても問題点が改善されません。

ゴルフコースと練習場の決定的な違いとは?

ゴルフコースと練習場にはいくつかの決定的な違いがあります。それを知っておけば練習するときに頭の中でコースを想定しながらの練習ができるでしょう。

1. 傾斜

ゴルフ練習場は特別な練習場ではない限り常にフラットな場所から打つことができます。しかしゴルフコースに出ると、ショットごとに傾斜が変わるのは当たり前です。また練習場はフラットなので、足が地面に接している高さとボールの高さも同じになります。コースに出るとボールより高かったり低かったりする位置に立ってボールを打たなければならないこともあるでしょう。

2. ラフやハザード

練習場にはラフやハザードはありませんが、ゴルフコースにはあります。練習場での練習ではラフに埋まってしまったときのボールを打つ練習ができません。ラフから打つのは技術も必要ですが、メンタルにも違いが出ます。また同様にハザードがある場所で打つときも、プレッシャーを感じてしまう人がいるでしょう。

3. 一打の重み

先ほど原因の「連続で打っている」でも記述しましたが、練習場では納得がいくまで何球でも打てます。しかしコースに出れば、ご自分の順番がきたときのワンショットしか打てません。この状況の違いは一打の重みを変え、メンタルにも大きく影響します。

ゴルフコースで上手く打てるようになるための対処法

練習場とゴルフコースにはどうしても大きな違いがありますが対処法を知っておけば、コースでもうまく打てるでしょう。技術面・メンタル面のそれぞれの対処法を解説します。

対処法 1. 技術編

練習場でもできるだけコースに出たときのことを想定した練習を行いましょう。ただ力いっぱい打つのではなく、一球打つごとに「何ヤードまで飛ばそう」「こういう軌道で飛ばそう」と意識をします。また練習場のボールが置いてあるマットの上からではなく、足場のマットから打つという練習をするのもよいでしょう。常設してある扇風機を使って風を起こした状態で打ってみたりと、いろいろな状況を想定して練習しましょう。

一部の練習場では傾斜がついた打席があります。有料の場合も多いですが、コースに出て傾斜でなかなかうまく打てないのであれば、傾斜がついた打席のある練習場に行ってみるのもおすすめです。バンカー練習場やアプローチ練習場は無料で利用できるところもあるので積極的に利用しましょう。

対処法 2. メンタル編

まだゴルフコースに慣れていないうちは、ゴルフコースというだけでも緊張してしまうかもしれません。また一緒にラウンドする人が誰なのかによっても緊張することがあるでしょう。コースで緊張するのは慣れの部分もありますが、日頃からコースを想定した練習をしておくことで、コースでも練習場のようにリラックスして打つことができます。

そういった状況でラフやバンカーにハマってしまったり、ハザードがあると余計に緊張してしまいます。練習するときは実際にコースに出ていることを脳内でシミュレーションしながら、緊張感を持ってボールを打ちましょう。また「何球でも打てる」と思わずに、集中力を持って打つことも大切です。連続で打ち続けるのではなく、一定の間隔を空けながらボールを打つようにしましょう。

ゴルフコースに出たときを想定した練習をしよう

練習場では打てるのにゴルフコースでは上手く打てないという場合は、今回紹介した原因にご自身が当てはまっていないか一度チェックしてみてください。どうしても練習場とコースでは環境にもメンタルにも違いがありますが、できるだけゴルフコースに出たときのことを想定して練習するのが上達のコツです。よりコースに近い状態で練習したいという方は、ゴルフのシミュレーション施設での練習も取り入れましょう。技術的にもメンタル的にもゴルフコースに近い感覚で練習することができます。

関連記事